こんにちは。2年の加藤です。更新が大変遅くなり申し訳ありません。この日は三郷にてJSKS戦が行われました。先週のBYB戦では21世紀初となる勝利を挙げ、波に乗っているリコタイラグビー部でしたが、結果は残念なものとなってしまいました。以下にスタッツを掲載しておきます。

A戦 30minハーフ
トータル:17-47
前半:12(2T1G)-19(3T2G)
後半:5(1T)-28(4T4G)

トライ:上野、下田×2
コンバージョン:鎌倉

1.安藤
2.牧内
3.村松
4.佐藤
5.田丸
6.大川
7.遠藤
8.富島
9.長島
10.上野
11.大井
12.下田
13.吉橋
14.鎌倉
15.泰暢
16.新井
17.三簾
18.高柳
19.加藤
20.三好
21.小山
22.Mathias

交代
前半20min:7→19
後半0min:5→20
後半10min:11→21
後半15min:14→22
後半25min:3→17

B戦 30min×1本
トータル:0-35(5T5G)

1.三簾
2.新井
3.今西
4.高柳
5.加藤
6.吉井
7.桑原
8.三好
9.小山
10.長島
11.大井
12.鎌倉
13.泰暢
14.山下
15.Mathias
16.杜
17.牧内
20.松岡
21.下田
22.吉橋
23.笠原

交代
15min 3→16、6→20、14→23
20min 5→3、13→21
25min 1→17

A戦では、前半は拮抗した展開で勝つチャンスは十分にあったのですが、後半に大きく突き放されてしましました。試合後に両チームの接点への寄りの速さが勝敗を分けたとの話がありましたが、特に相手のハイパント攻撃の時に、フォワードはダッシュで戻り、オーバーに行くという基本がなっていなかったのが非常に悔やまれます。牧内さんに何度も同じことを注意されていては情けないですね。自分も含め反省しましょう。B戦では、2試合続けての完封負けとかなり情けない結果になってしましました。僕はA戦にも多く出させて頂いている立場なので、チームを引っ張らなければならなかったのですが、牽引できず申し訳ないです。B戦ではBYBやJSKSの層の厚さを感じさせられました。KERには大学からラグビーを始めるプレーヤーも多く、経験不足が否めません。それに対して相手は高校時代強豪校でプレーしていた人ばかり。普通に練習していては、追いつけるわけがありません。幹部陣がチームのボトムアップを目標にB戦を組んで下さっているので、もっと気合を入れて頑張りましょう。ハンドリングやフィジカルをレベルアップして、次の試合こそトライを取りたいと思います。

今週は春シーズンの対外試合としては最後となる東京海上戦です。かなりの強豪ですが、臆せずABともに連勝で気持ち良く、シーズンを締めくくりたいですね。それでは。
試合前.jpg 試合前.jpg